『婚活に疲れるか?それとも楽しむか?』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■障害者のためのゼロから始める婚活の教科書■
『婚活に疲れるか?それとも楽しむか?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者専門 結婚相談所HARUの松本です。

先日お会いしたXさん。

めちゃくちゃ婚活を楽しんでいるようでした。

「Aさんという方とお会いしました。
女性からみたら信じられないような
ひいてしまうようなことを言ったんですよ」

「Bさんはとても紳士で素敵な方でした。
でも私には興味を持ってくれていないようで」

「Cさんとは、会った瞬間に好きという感情は芽生えないなと
思いました。真面目な性格は伝わってきたんですが」

婚活には2種類の方がいるように思います。

1.婚活を楽しんでいる方

2.婚活に疲れている方

今回は1の方でした。

結果はまず脇において、
いろいろな方とお逢いできることに
楽しみを見出しています。

一方で2の方は、
相手とお会いする所までもなかなか行かずに、
お会いしても先に進めない

それを繰り返しているうちに、
諦め感も出てくる。

振られ続けているような感覚に陥り疲弊する。

ゴールをどこに置くかはその人次第です。

ビジネスでも一緒ですよね。
結果に一喜一憂するのではなく、
プロセスそのものを楽しむことが必要な時もあります。

Xさんのように婚活プロセスそのものを
楽しめる人が増えたらいいな…と思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★取材協力!モニタリング募集★

対象:障害をお持ちの女性(20歳~49歳)
内容:恋愛や結婚に関する実体験
記事:御本人と分からないようにイニシャルにして
記事にさせていただきます。
協力費:1,000円(※取材当日お支払い)
時間:45分程度
場所:品川駅近くの喫茶店

協力していただける方は、
cm.matsumoto@gh-haru.com