『親は、親ではなく友達』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■障害者のためのゼロから始める婚活の教科書■
『親は、親ではなく友達』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者専門 結婚相談所HARUの松本です。

最近の若者「ミレニアル世代」の研究者によれば
反抗期がない子供が増えているそうだ。

明治安田生活福祉研究所ときんざいが2016年に行った
「親子の関係についての意識と実態に関する調査」では

「反抗期と思える時期はなかった」と
答えた人(15~29歳)の割合は、
男性が42.6%、女性が35.6%。

さらに男女ともに

「父親との外出に抵抗がない」
「母親との外出に抵抗がない」

と答えた割合は増えている。

一昔の方からすれば、
「反抗期がない」ことが信じられないでしょう。

一定の年齢をすぎると
親との外出を「恥ずかしい」感じる人も多かった。

今は親と子供の距離が縮まり、
縦関係から横関係(お友達化)へ進んでいるようです。

自分の親と仲の良さを自慢する子供もいます。

親と仲が悪いとよっぽど家庭環境がひどいのかな?と
推察されてしまうことも。

親との子供の関係が変わり、
これからは恋人の紹介も気軽に行われるかもしれません。

結婚相談所にご両親が一緒に来ることも
珍しくなくなるのでは?と思います。

ただあくまでも本人が主役なので
ご両親が主役にならないようにしないといけないですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★取材協力!モニタリング募集★

対象:障害をお持ちの女性(20歳~49歳)
内容:恋愛や結婚に関する実体験
記事:御本人と分からないようにイニシャルにして
記事にさせていただきます。
協力費:1,000円(※取材当日お支払い)
時間:30~40分程度
場所:品川駅近くの喫茶店

協力していただける方は、
cm.matsumoto@gh-haru.com
までご連絡ください。