『婚活を始めた女性の証言』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■障害者のためのゼロから始める婚活の教科書■
『婚活を始めた女性の証言』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
障害者専門 結婚相談所HARUの松本です。

私の女性友人(32歳)が婚活を始めたというので
話を聞いてみました。

「じつは私、最近婚活を始めたんです」

「そうなんですか。何かきっかけがあったんですか?」

「この前まで付き合っていた彼と10年近くになります。
最初は30歳手前くらいで、
彼からプロポーズをしてくれると期待していました」

「そうだよね」

「でも30歳になってもプロポーズをしてくれないし、
それとなく結婚について聞いたら、
結婚する気がないみたいなんです。
そのうち!とか、タイミングが!とか言うし」

「よく聞くね、そのセリフ」

「タイミングを待っていたら、
私、いつの間にか40歳になってしまう。
だから今結婚する気があるのかないのか、
はっきり聞いたんです」

「そうしたら?」

「今は難しい。仕事にまだ波があるから」と。

「それで彼とは別れました。
結婚する気がないなら、
もっと早く別れておけばよかった」と
後悔するくらいです。

「その点は、結婚相談所は安心ですよね。
だって結婚を真剣に考えている人が会員ですし。
結婚を考えていない人に無駄な時間を使わなくて
いいじゃないですか」

こんなことを言っていました。

確かに上記は結婚相談所のメリットですね。
結婚を真剣に考えていない人が、
わざわざお金を払って登録しませんから。

毎日繰り返されている日常の中では
出会えない人に出会える。

それが結婚相談所のメリットですね。